【自力で改善!】高血圧にバッチリ効く食べ物・飲み物まとめ

気を付けたい!産後高血圧になる人は多い?食べ物で予防できる?

気を付けたい!産後高血圧になる人は多い?食べ物で予防できる?

 

 

■妊娠高血圧症候群という言葉がある!

 

女性が妊娠すると色々と体に変化が起きますが、その中に、妊娠高血圧症候群があります。妊娠中に原因が不明血圧が高くなるもので、その他には尿蛋白が出ることもある病気です。

 

おおよそ、女性の妊娠中の期間を全体を通して起こるもので、合併症として親だけではなく、子どもにも悪影響が出るケースもあります。胎児への症状の影響については、胎児機能不全等があり、そうなると赤ちゃんへの影響が出てきます。

 

妊娠中が原因で起こる症候群となっていますが、そのハッキリとした原因については未だに解明されていない部分が多く厄介です。

 

 

 

 

■どのような方が起こりやすいのか

 

ちなみに、その妊娠高血圧症候群は肥満になっている方や初めて妊娠される方などは、発症するリスクが高くなると言われています。ですので、少しでもその症候群が発症しないようにしたい方は、肥満体型を改善を目指していきましょう。

 

■血圧が高くなった時には食事療法も

 

また、そんな妊娠高血圧症候群についてですが、症状が出始めたら食事療法を行なったり、病院でお薬を出してもらい対応することになります。食事療法については一般的な高血圧の方の食事療法と同じで、まずは塩分を過度に摂取しないようにしたりします。

 

妊娠高血圧症候群で血圧が高くなっている所に、更に塩分を多く取るような食事をしていたら、症状が悪い方向へ向かってしまうのでそれを予防するのです。

 

基本的には食事療法も医師と相談しながら行なっていきますので、医師に指導された通りに食事に気を使い、お薬などを処方された際には正しい使い方を守って、飲み忘れが無いようにしていきましょう。

 

 

 

 

■早めの予防で将来に備える

 

妊娠高血圧症候群は、なってから食事療法等で良くしていく方法もありますが、一番良いのは、妊娠する前に肥満の方はそれを改善して、高血圧にならないようにすることです。

 

現在肥満体型の方はそれを改善するだけでも、妊娠高血圧症候群になってしまうリスクを減らすことが出来ます。

 

間食をする回数が多い方、おやつが好きな方、運動が嫌いな方などは肥満体型になりやすいですが、そんな方は普段食べている食べ物を改善して、高血圧対策をしてみてはいかがでしょうか。

 

元気な赤ちゃんを産みたい方は、今から高血圧予防、肥満予防に取り組む事が大切です。

 

では、下記の記事も参考までにどうぞ。

 

知っておきたい!高血圧予防における食べ物の禁忌は?