【自力で改善!】高血圧にバッチリ効く食べ物・飲み物まとめ

ホンネで語る!高血圧は良くないの?避けるべき食べ物とは…

ホンネで語る!高血圧は良くないの?避けるべき食べ物とは…

 

 

■高血圧は体に良くないと言われる理由

 

人間の体には、血液が絶え間なく流れていますが、その時に血管の壁に対して圧力がかかっています。そして、その圧力の事を一般的に血圧と呼びます。血圧は、それが低ければ低血圧、高ければ高血圧になり、高血圧になると体に様々な悪影響が出ることが多いです。

 

また、何故高血圧は体に悪影響を与え、良くないかといえば、それは動脈硬化が関係しています。血圧が高くなると、血管の壁に圧が掛かるのですが、そうなると血管が硬くなって来ることがあります。血管が硬くなれば柔軟性が失われ、脳卒中や心疾患等の血管に関係する病気が発症しやすくなります。

 

高血圧により、病気が発症し健康が阻害されることもあるので、血圧は正常値にして行きたいものです。

 

 

 

 

■高血圧の方が避けるべき、体に良くない食べ物とは?

 

高血圧の方は、それ以上血圧が高くならないように気を付ける必要が生まれますが、血圧は食べ物とも関係があります。特に高血圧の方が避けるべき食べ物は、塩分量が多い食べ物です。

 

もし塩分の摂り過ぎにより、高血圧になっているのなら減塩をすれば、高血圧予防をしていくことが出来ます。

 

最近の加工食品は、製品を日持ちさせる為や、調味料として「塩」を使ったものが多いので、意識しないで沢山食べていると直ぐに一日の塩分摂取量目安を超過してしまいます。

 

ですので、高血圧なら食事の成分表を逐一チェックしたりして、減塩に取り組んで行きましょう。

 

 

 

 

■避けるべき食べ物の具体例

 

高血圧に良くないと言われる、塩分が多い食べ物の具体例は以下のようなものがあります。

 

まず最初に高血圧の方が特に食べる際に注意したいものが「お菓子」です。例えばポテトチップスなどは、一袋で1g以上の塩分が入っている商品もあります。ですので、ポテトチップスを一人でペロリと平らげてしまう方は注意です。その他のお菓子としては、塩せんべいや揚げせんべい類も避けるべき食べ物です。

 

塩せんべいはしょっぱくて美味しいものですが、塩で味付けをしていますので、塩分の含有量が2gを超えるようなものもあったりします。食べる時には、小分けにして一度に全て食べてしまわないようにするなどして行きましょう。

 

その他には、「ドレッシング」も以外に塩分が多く含まれています。ゴマドレッシング等は美味しくて、ついついサラダに沢山掛けたくなってしまいますが、大さじ一杯(15g)の量で、食塩換算で約1gになるものもあるので、かけ過ぎも避けたい所です。

 

次のような記事もありますので、参考までに見てくださいね。

 

肉食ダイエット著者の荒木式高血圧改善プログラムと効果