【自力で改善!】高血圧にバッチリ効く食べ物・飲み物まとめ

必見!高血圧は食べ物で改善できる?血圧が高い方や気になる方は…

必見!高血圧は食べ物で改善できる?血圧が高い方や気になる方は…

 

 

■高血圧になる原因の多くは食べ物にある!?

 

高血圧になってしまう原因は加齢やストレスなど色々ありますが、食事もその原因の一つに入ります。特に塩分を沢山取ると、高血圧になりやすいと言われ、既に高血圧の方は”減塩”に取り組む事が大切とされています。

 

基本的に食事は毎日3食あり、それを365日毎日繰り返しますので、そのバランスが崩れてしまったら、身体への影響は計り知れません。食事は高血圧だけでなく、肥満の原因にもなるので常に意識をして行きましょう。

 

また、高血圧の原因の一つが食事なら、逆に食事に気を使っていけば高血圧の予防や改善が出来る訳です。

 

 

 

 

■食事で高血圧の予防

 

一般的に、高血圧の予防は、食事の「塩分量を少なく」していく事で出来ます。何故、少なくすると良いのかというと、それは、食事で塩分を過剰摂取すると、体内の塩分濃度が濃くなってしまい、それを薄めようと人間の体の機能が働き血圧が高くなるからです。

 

ですので、食事を食べる時にはなるべく塩分を使わないようにしたり、食べ方を工夫していくようにしましょう。

 

例えば、食事を作るためにの料理があります。料理には塩コショウと言った調味料は欠かせませんが、高血圧の方はその時に使う塩の量を少しだけ抑えます。成人男性の一日の食塩摂取量は8グラム未満が良いとされていますが、高血圧の方はもっと減らさなければ行けません。

 

 

 

 

日本高血圧学会が出している【高血圧治療ガイドライン2014年】では、高血圧の方は6グラム以下が望ましいとされていますので、目安としては一日6グラム以下の塩分量になる食事を作っていくと良いです。

 

コンビニやスーパーで販売される食品には、通常そこに含まれている塩分量が記載されているので、購入する時には成分表をまずは確認!

 

■外食をする時には食べ方にも気を使う

 

また、食事の他に気を使うと良いのが食べ方です。外食でラーメン屋さんに行った時に、美味しいからとスープまで飲み干してしまう方も沢山いますが、ラーメンのスープには大量に塩分が入っていますので、食べる時には飲み干さないようにしましょう。カップラーメンなどは以ての外です。カップラーメンはスープまで飲み干してしまうと、一日の食塩摂取量目安をあっという間に超えてしまうものもあります。
その他には、目玉焼きや野菜に醤油やドレッシングを大量にかけるのも、摂取食塩量が多くなりますのでかけ過ぎには注意です。

 

食事と食べ方に気を使い、今から高血圧の改善や予防をして行きましょう。

 

次の記事も参考にしてみてくださいね。

 

【話題独占!】肉食ダイエット著者の荒木式高血圧改善プログラムと効果